TRY360

やると決めること、TRYし続けること
社名にもなっている『TRY 360』とは、1990年に「どこまで行けるかやってみよう!」というチャレンジ精神と、無事に帰って来るという決意と覚悟を胸に、台風の最中に出発したのが全ての始まりとなった1DAYサイクリングのイベント。当時はバイパスが無かったので、千葉→直江津間は、ほぼ360km、そこで『TRY 360』と名づけられ、毎年夏の終わりの恒例行事として現在に至っています。

道中の70,000回にも及ぶペダリングの単純作業をこなしながら、実に沢山の感動を皆から貰い、そして多くの事を学んできました。
自転車が進化し、ルートが変わっても、ベースとなる想いは、最初にペダルを踏み出した時と変わりません。

『やると決めること、TRYし続けること』
今までも、これからも、変わることのない我々の想いです。

画像クリックでそれぞれのTRY360にジャンプします。

 
 

最新記事