田野仁志

「もしもし、自転車店を開業したいのですが」
1986年秋、メーカーさんに電話をかけさせていただいたのが全ての始まりです。

高校通学時よりドロップハンドルを愛用
社会人になって真っ先に欲しかったものがロードレーサー
就職はしたものの学生時代に虜になってしまったSKIを続けたくて退社
冬はSKI場、夏はゴルフ場というフリーター生活を数年
その後、全国を歩くサラリーマン生活を経て
自分らしい仕事、身体を動かす仕事がやりたくて、CYCLE HOUSE GIROをオープンいたしました。

知識も無い、経験もない、店も資金も無いの出発でしたが、沢山のお客様やお取引先の皆様の支えで30年間スポーツサイクル専門店として営業させていただいてまいりました。
お世話になったひとりひとりの顔が浮かびます。本当に有り難うございます。

船橋より往復30kmの自転車通勤とお客様と一緒に完走の喜びを味わうTRY360千葉→直江津ワンデーツーリングがライフワーク

土曜日日曜日の初心者向け自転車学校
O2練習、チーム練習ではビギナー・フイットネス志向の方を担当させて頂きます。
自転車の楽しさをお伝えすることで皆様が元気な笑顔になります。
そしてその笑顔が私達のパワーの源です。

はじめての自転車選びやポジショニング、オールドパーツの事もお気軽にお尋ね下さい。

趣味:SKI 自然と一体になる解放感が大好き
尊敬する人:松下幸之助 三浦敬三

1952年1月29日生
BIKE:TREK Domane カンパニョーロモデル
   J.I.PARK SALT AMP XTモデル

176cm 65kg 

■ 菱木 裕一 CYCLE HOUSE GIRO チーフメカニック

 

菱木裕一

高校、大学の約6年間 陸上競技(200m・400m)に精を出す。
大学時代、練習している競技場への移動用に初めてロードバイクを購入し、一般車とは違う軽さに驚き、自転車の楽しさを知る。
大学卒業後は、ホームセンターの雑貨部門 → 自転車部門への移動で、自転車を扱う仕事へ興味を持つ。
自転車技士、自転車安全整備士 取得後、2018年4月よりCYCLE HOUSE GIROに所属。

バイク選びやメンテナンス、修理等を通して、お客様に喜んでもらうこと、そしてお客様へ、スポーツサイクルの楽しさをお伝えできればと思っております。
宜しくお願い致します。
1986年7月19日生

BIKE:ANCHOR RS6
FUJI HELION R

■ 長谷川 博久 TRY360 ECスタッフ

 

長谷川博久

大学時代より折りたたみ・小径自転車にはまり、8・12・14・16・20インチと各ホイールサイズの小径車を所有。
車・電車で輪行しては、鎌倉や京都など観光地をポタリングしてました。

子供が生まれてからは、子乗せ自転車に乗り換え、すっかり自転車旅はご無沙汰。
わずか10分の自転車通勤と近所を子供とサイクリングする程度です。

2013年 CYCLE HOUSE GIROに所属してからは、「自転車は便利で楽しい乗り物」であることを証明するべく、前後にキャリアをつけて実用買い物自転車にしたり、太めのタイヤを履いたり、フレームを塗装したりと、「乗る」以外の自転車の楽しみ方を日々実践しています。

普段は、店舗裏の事務所スペースにいますので、お目にかかる機会はあまりありませんが、CYCLE HOUSE GIROの一員として、皆さんの「スポーツサイクルのある生活」のサポートができればと思います。

BIKE:FOLK GAMBLER
SCHWINN HEAVY DUTI

最新記事