四日市全国ジュニアロード

四日市全国ジュニアロード

GIROの練習に参加しているジュニア、力いっぱい頑張りました。
素晴しい成長です。

根本コウキ君1~2年生の部、僅か1000分の1秒差で2位

3~4年生の部 藤本ルイ君 11位
5~6年生の部 室伏アオト君 16位
中学生の部  藤本レイ君  16位

レイ君よりレポートです。
四日市全国ジュニアB -7 中学生男子
9×4 36㎞
結果100人中 16位

レポート
レーススタート40分前から3本ローラーを使ってアップを初めて体が温まったら8秒間のもがき5本行って終了し、残り20分前で柔軟体操をして10分前に前から7·8列目に整列。
そしてスタート。
1周目
最初は狭い道なのでローリング、道幅が広がりローリングが終了、こっからが勝負。
スタートから有力選手が先頭交代をしながらペースアップ一気に人数が40人に絞られた。
そして上り区間に入り少しペースが落ちる。
僕は先頭から14番目ぐらいで頂上を通過して下り坂に入りトップに出るが最終コーナーの手前で3人の選手に抜かれる。そしてホームストレート。
2週目
2週目は全体的にペースが落ち着き先頭交代に加わる。上りでもたれずに最後まで楽に上り6番目で頂上を通過下り坂でトップに出る。
何人かが先頭交代しながら最終コーナーを5番目で通過してホームストレート。
3週目
最初の平坦は落ち着いてたが上り区間で1名がアタック。
すぐに捕まえたが、これでペースが一気に上がり脱落者が出て集団が20人以下まで人数を減らし頂上を通過下り坂でまた1名がアタック、これはあえて追わずホームストレートで捕まえる。
最終週
平坦で一人アタックしたが誰も追わずあえて逃がし上り区間で捕まえた。
そして捕まえと同時に別の選手がアタック、一気にペースアップ、自分は心拍も足も限界に、その時に別の選手がアタック、ここで千切られ頂上を通過する時には集団から置いていかれた。下りで1名に追い付きコーナー手前で抜きゴールスプリント。

今回も力不足で負けた。
精一杯努力したけどまだまだ上はたくさんいることを感じた。
この大会で経験した悔しさを生かしこれからの練習に繋げて、来年の全日本選手権に向けてまた練習に励みます!

関連記事

  1. ダート連

  2. Madon SLR Disc

  3. MAVIC CAR

  4. 村山悠平選手優勝

  5. 房総半島300㎞親子旅

  6. ダート地味連

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ