2018年JCBFロードレース秋

2018年10月6日7日 BCF 南魚沼ロードレース

ユキさんよりレポート頂きました。

南魚沼ロード1日目。
E3クラスは1.5㎞ほどのダムの坂を3回登る26㎞。
岡野選手10位あたりで完走。
岡本選手は真ん中あたりで完走。

岡本選手は、万全を期すために、06:30の受付前にダム坂2本、
試走時間にダム坂2本と、納得のいくウォーミングアップができました。

しかし、スタート直後のダム坂で血の味を感じながら必死で先頭集団に食らいつこうと登りましたが、
頂上手間500mで怪しくなり始め、手間100mでちぎれ、先頭集団の次のグループで走行。
群馬CSCや秩父多宮杯のコースにくらべてダム坂は登坂距離が長いので、
おじさん選手がどうすれば先頭集団でクリアできるのか、1回目のダム坂が壁のように立ちはだかりました。

岡本選手

南魚沼1日目、E3。
朝一のレースですが、前回の群馬CSCの時よりもスタートまで30分余裕があるため、そこそこウォーミングアップもできそう。

アップが生命線のおじさん選手のため、朝06:30受付前に、レースで3回登ることになるダムの1.5㎞ほどの坂をゆっくり2回登る。

07:00からミーティングに出て、その後試走でダム坂を2回登る。ダム湖1周も含めて。

08:10頃にアップ後、検車、サイン。
08:30スタート。

スタート直後にダム坂1回目。
先頭集団内で息切れしながら登るも、頂上(ゴール)まで500mの看板をみて、まだそんなにと一瞬萎える。
しかし、群馬CSCの時みたいにはやめにちぎれるのはいやだと、必死についていく。
しかし、あと100m看板あたりで力尽き、遅れ始める。
頂上(ゴール)で先頭から25秒とアナウンス。
登りなので、すぐ目の前に先頭集団が見える感じ。
見えながら先頭集団から徐々に遅れざるをえないこの悲しい状況、もう何十回目だろうか。
すでに苦しさマックスで血のような味がする。

頂上(ゴール)地点過ぎても、正しくはさらに数十メートルだらだら登るのがきつい。

そのあとは12人くらいの先頭集団の次の集団で走る。
若そうな選手ばかり。
新潟県とあってか、バルバの選手が多い。

2回目のダム坂登坂で、この追走集団が2つに割れる。
登坂力不足で、ギリギリ割れた後ろの方のグループになってしまう。

3回目のダム坂登坂でゴール。
順位は真ん中くらいだろうか。

南魚沼のコースは、1回目登坂でちぎれたのでわからないが、自分にとって、ダム坂登坂だけ鬼のようにきつく、あとはノーマルという感じでした。

自分があのダム坂を先頭集団でクリアできる日が来るのだろうか(しかも1回目登坂)と、ダム坂が立ちはだかるかたい壁のように感じました。
ウォーミングアップを納得がいくくらいできましたが、それでもダメなので、もともとの登坂スペックが足りない状況です。
わかっていたけれど、ダム坂は、群馬CSCの心臓破りの坂の比ではなく、×3以上、といった感じです。
しかも、スタート直後にダム坂!
自分にとっては、正直アカンコースです。
突破口をさがせ!?

同行者撮影のダム坂写真も掲載しています。
最後尾選手のあとに関係車両。


昼は、蕎麦。

リザルト
岡野選手10位
岡本選手40位

2日目朝

南魚沼ロードDay2。
岡野選手21位、岡本選手31位。
豪雨の中大変なレース

南魚沼2日目、E3。
昨日は40位。
今日は、8時スタート。
雨予報は9時なので大丈夫そう。
ウォーミングアップも22㎞ほどでき、自分としては、まあまあ。

スタートし、直後に恐怖の1.5㎞のダム坂1回目。
登り始めると雨が降り始め、すぐ本降りに。
結局ずっと本降りのままのレースに。

先頭集団内で必死に登るも頂上手間500mあたりから限界になり、ずるずると後退。
目の前の先頭集団がちょっとずつ離れていく。
頂上ゴール地点のデジタル時計をみると35秒差。

ダム湖畔は2~3人くらいで走る。
10秒前あたりには、6人くらいの追走集団が見える。
あれに追いつければ! と思うが難しそう。
人数差もそうだし、前にいるということはそれだけ力があるということだ。

それでも過去の悔しさもあり、まあまあペースで走る。
ちぎれた前の追走集団もそれほど必死ではないようで、数秒差になってきたところで頑張って、ダム湖最奥地折り返しあたりで追いつく!
ちぎれおじさんとしては、これはいいぞ!

とても若い選手だらけのよう。
バルバ選手4人、ブラウ2人、ワイズ1人、自分おじさん1人といった感じか。

あとは、雨中の練習会と思ってしっかりと。
スタート直後に雨となったので、タイヤ気圧晴れ仕様で7気圧のまま。
前回の雨の群馬CSCは6.2気圧くらいだった。
そのため、急カーブが多い下りがなかなか恐怖!
ブレーキもかけてから5秒後に効き始める。
北国特有のぬれたら滑りそうな路面で、慎重にくだる。

2回目のダム坂は、昨日みたいに、若い人から遅れ気味になってしまうのか、と思ったけれど、この追走集団でクリアできる。
正直嬉しい。

クリアサングラスが曇るので、そこからサングラスなしにする。
雨と前走者の水はねが顔、目にあたるが、仕方がない。
登りはないほうがよいので登坂までガマン。

その後のダム湖畔周回もこの若い追走集団で走行。
昨日のレースで同じあたりを走っていた選手が何人かいる。

最後の3回目ダム坂登坂は、前から落ちてきた人たちをすこしずつ抜きながら進む。
追走集団の前方でゴール。
34位で、昨日より順位はちょい上昇。

距離は26㎞と短めのレースだが、恐怖のダム坂全開3回登坂のため、疲労感がはんぱない。

午後のプロツアー経済産業大臣旗レースもずっと雨。
佐野ジュンヤ選手や山本ゲンキ選手などを間近でみる。
山本ゲンキ選手が経産旗獲得したら、日本チャンプジャージー + 経産旗ジャージ になって、どうなるのだろう!? と楽しく想像。
寒さもあり、半分ちょっと観て、帰宅。

レース会場で聞いていたように、関越トンネル通過して太平洋側に出たら、嘘のような青空で雲もほとんどない良い天気!
新潟県と別世界でした。

JBCF 群馬CSCオータムロードレース

2018年9月30日
群馬サイクルスポーツセンター

藤本陵さんレポートです。

無事完走しました。115人中65位と厳しい結果となりましたが、それは本人が痛いほど感じていることでしょう。ここからどう這い上がるか、
その過程を見守っていきます。
帰ってきたら即洗車。それは偉い(^_^

E1 19 村山 悠平 1700690 ムラヤマ ユウヘイ 千葉県 AVENTURA AIKOH VICTORIA RA
E3 27 岡野輝  TEAM GIRO 360
E3 59 岡本秀明 TEAM GIRO 360
E3 65 藤本怜  TEAM GIRO 360

第8回 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ

2018年9月2日
渡良瀬遊⽔地内⾕中湖北ブロック

E3 8位 岡野輝 

関連記事

  1. コンチネンタルGP5000発売

  2. Uci Gran Fondo World Championships …

  3. みんなを笑顔にするダート走行会

  4. みんな頑張れ!

    2018TRY360Tshirt

  5. ペダリング

  6. PAYPAY100億円還元 第2弾

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ