2005年TRY360菅平

2005TRY360

みんな続々と集まってきました。

全員無事、着けるように頑張りましょう!

A草津白根:前橋、渋川、長野原、草津白根、信州中野、飯山、直江津・・7名
B17.18号ルート:高崎、軽井沢、上田、長野、豊野、飯山、直江津・・・8名
C菅平①:前橋、渋川、長野原、鳥居峠、菅平、須坂、飯山、直江津・・7名
C菅平②:〃・・6名
C菅平③:〃・・3名
輪行組・・2名
三重県から独走・・1名
大糸線回り420km・・1名
総勢35名の熱いチャレンジとなりました。

今回はGIROオリジナルの20インチミニベロMB-1での参戦

48KM地点 4時25分~40分
板橋区大谷口上町 セブン

スタート後も湿気が多くベタッとした嫌な感じ
都内の走行もリズムに乗り切れない。
Yさん調子が良いらしくガンガンいく。
道をお任せしていたらいつもの池袋の陸橋を渡れずに
飯田橋方面に、はっと気が付き引き返し、
その後の道案内はしたものの池袋駅前到着。

「線路が邪魔して向こうにいけないよ。ここでタイムロスは痛いな」

と思いながら、タクシーの運転手さんに道を尋ねる。

「川越街道はどういったらいいんですか?」

無事、国道254川越街道に出る。

 

幕開きはかなり不安でいっぱい?

ポカリスエットペット 500ml ¥147
ミックスサンド       ¥210

85KM地点
埼玉県比企郡川島町 セブン
6:10から6:30

気温の割に熱い
まるで湿度100%のサウナ状態
スタートして4時間たち早くもこの暑さに泣かされる。
自転車に乗る時間帯はほとんど朝と夜の私は、日中に走るのは
春と秋のノンビリ100kmとヒルクライムイベント、秋のグルメツーリング
そしてこのTRY360しかない。
そしてこの時期の暑さでは、毎回熱中症にやられてしまう。

その兆候が早くも・・・

井村屋 あずきバー ¥103

さっぱり引かないリーダー、アベリッヒ。
ほとんどY内さんと純ちゃんが引いている。
でも、自分を知っているところが凄い・・・

135KM地点。伊勢崎
8;30~50
暑い!でも雲ってきた。

川越街道、東松山、熊谷より左折して17号へ
籠原駅の標識を右折、数kmで17号バイパスへ、左折してすぐの
地点から上武道路の起点となっている。
そこを右折、あとは伊勢崎を経由して前橋まで一直線だ。
相変わらず純ちゃんが引きまくる。
女性の引く列車にみんなで乗っかって、何か恥ずかしい・・

何か陸橋のアップダウンが気になる。
昨年は稲毛軍団の列車だったので35~40kmペースでスピードが
速かったので、あまり気にならなかったようだ。

ファミマ 何か食べておかなくてはと思い、無理やり
お稲荷さんを3ヶ食べる。
でもこれがこの後で最終の食事らしい食事となるとは・・・

お茶 900ml ¥205
やわらかいなり3ヶ入 ¥178
おいしい素材ヨーグルト ¥158

女性軍はまだまだ元気
よく食べる。
一番ヤバイのはやはり私だ。

170KM地点
10時24分~11時00分
群馬県渋川市金井 ローソン
渋川付近 これからが 勝負どころ!

時々日が差すが、相変わらず蒸熱い。
寝不足(昨夜の睡眠時間は1時間30分)とあいまって
熱中症の症状が出る。

むかむかして食欲が無くなる。
時々寒気、鳥肌が立つ。

群馬在住の千葉大OBTさんに電話。
今年もサポートに来てくれるらしい。
本当に有り難い。

国道17号を左折して一路長野原、草津方面へ

キョウノクダモノアマナツ ゼリー ¥189
伊藤園 クロズデカッセイ(流行のクロズドリンク) ¥10

196KM地点 12時04分~30分
群馬県吾妻郡吾妻町大字郷原
seve on

この時間だと本当は、群馬大津近くまで進んでいなくては
いけないのだが・・・

コンビに横の水道をお借りして、水浴び。
何度も頭から水を浴びる。体がべとべとで気持ちが悪い。

ロッテスイカバー ¥105
ボルビック 500ml ¥137

216KM地点 13時50分~14時15分
群馬大津 セブン
群馬県吾妻郡長野原町大字大津

吾妻渓谷を左に見ながら、ゆるい勾配を上っていく。
ずっとむかむか感が続き、力が入らない。
ペースが遅いので、みんなより早めのスタート。
2時前にやっと群馬大津到着。
1時間も予定より遅れている。
この先が心配だ。
アミノバイタルのゼリーを購入、これがあとで効いてくることになる。

明治ブルガリアアロエヨーブルト ¥137
アミノバイタルスーパースポーツ100g ¥200

女性軍、相変わらずよく食べる。
彼女達はこの調子なら心配無いだろう。

セブン隣のお蕎麦屋さん
今度はここでしっかりと食事を摂っておきたいな

群馬大津をスタートしてまもなく空からポツポツ
雷の音も聞こえてくる。
先発して登り出したが、まもなくみんなに抜かれる。
そのうち、本格的な雷雨になる。
これで気温が下がってくれると恵の雨だ。
ASSOSのマイクロジェット(レインウェアー)を後ろポケットから
出し、着用する。このウェアーは水分を吸う繊維同士がふくらみ
水分をシャットアウトしてしまう優れものだ。
内側の肌に触れる部分はサラサラで全く蒸れも無い。
本当に不思議なレインウェアーだ。

土砂降りになってきたがかまわず走る事にする。
ちょっと行くとみんなが雨宿りしている。
手を振ってそのまま通過。

後ろでアベリッヒの声
「雷落ちるよ・・・」

でもどう考えても、草津方面なのでそのままヨロヨロと突っ走る。
サウナ状態で熱を持った身体が冷えて気持ちよい。

ダラダラ登りは斜度4%程度ぐらい。
嬬恋村に入ると両側にキャベツ畑がひろがってくる。
あのスケートで有名な嬬恋高校はこの辺だ。
みんな黒岩さんなのかな・・

それにしてもこんなところで世界の頂点を目指す選手が生まれているとは・・・
やはり指導者の力なんだろうな。

セブン嬬恋店に入って、グレープフレールーツゼリーを
買うが、半分しか食べられず・・・

群馬県吾妻郡嬬恋村大字大笹
230km地点 15時10分~30分

濃厚輪切りグレープフルーツ ¥120
コエンザイムQ10ドリンク   ¥280

まもなく鳥居峠到着、誰もいないのでそのまま下りに入る。
一気に下っていくが、MB-1のコーナリングは素晴らしい。
思いのままのライン取りが可能で、ピュアーロードレーサー以上の
安定感だ。

本当は、下りの途中で別荘地というところを鋭角に曲がれば、高低差も
無くショートカットになったらしい。
結局遅れてしまった私と岡ちゃんが下まで下りてしまった様だ。
群馬支部T淵君情報だと菅平までの登りは7km、
「ああ、1時間のロスタイム」
そうこうするうちに、
菅平②よりあとにいる守さんグループが追いついてくる。

菅平②チーム分裂
ショートカットで先に菅平に到着していたアベリッヒより電話有り。

「ガスがかかってきたので先に須坂に下りるよ」

「どうぞお先に」

しばらくすると
「田野さーーん」
いつものガンちゃんの声
登りだすとどんどんみんなに抜かされる。
でも・・・・

守さんが来ない?
最近不調らしいのでちょっと心配
ちなみに守さんは
私の歯の面倒を見ていただいている歯医者さん。

スキーとラグビーで有名な菅平到着
色々な学校の部活の合宿で、ここだけは若さで溢れている。
セブン菅平店でひっくり返っていると、まもなく守さん到着。

両足のトラブルで上田に下っていったカーボンさん以外は
全員揃ったようだ。

256KM地点 菅平 18時10分~18時40分
長野県小県郡真田村
セブン菅平店

サントリー天然水2L ¥198
ロッテバニラアイス ¥126
手巻きおにぎり紀州梅 ¥105

何か食べないとまずいと思いおにぎりにチャレンジ
でも1口で気持ち悪くなる。

このままだとハンガーノックが何時来るのか心配・・・

やっと飯山 列車まにあうかな?

飯山手前セブン
長野県中野市壁田
295.59km地点 
20時25分から50分

なめらかコクプリン ¥170

結局ここが自分にとって最後の補給ポイントとなる。
と言っても、またまた一口食べただけ・・・・( ̄□ ̄;)!!

みんなには飯山といっていたが、実はまだ飯山から上越への交差点までは
かなりの距離がある。
このままだと到着は23時台か?
トラブルがあると列車に間に合わないかも・・・

かなりヤバイ。

少しでも先にいけるように、岡ちゃんと早めの出発。

食べまくりのガンちゃん
「羨ましいー」

彼は丸の内の調理師さん
先日の地震でJRが止まった時は、丸の内から千葉まで
ママチャリで帰ってきたほどの元気ものだ。
でもストップ&ゴーを繰り返すのでみんなからは顰蹙もの

でも習性がわかれば扱いやすいかも・・・失礼
本当は、漫画からそのまま出て来た様な愛すべきキャラクターの
持ち主です。

飯山より上越方面へ
あと40数kmで目的地、直江津到着だ。
でも刻々と時間は過ぎて行く。

峠を登りだすとみんなに追いつかれる。
頂上まであと1kmぐらいの距離で先に行ってもらい
一休み。
でもあまり休む時間は無いので、路上に横になり夜空を眺めて一息入れ
再出発。
まもなく峠の頂上のトンネルに到着。
あとは下るだけだ。

でもこの下りが真っ暗、道は悪い、コーナー有り、おまけに路面は濡れているという状態。
誰もトラブル無く下ってくれると良いのだが・・・

新井の町に入ると守さんがパンク
本来ならお手伝いすべきところだが、ムカムカ気持ちが悪く
失礼してこの時間だけでも横になることにする。
瞬間修理剤でまもなく修理が終わり再出発。

あとは、時計とにらめっこで一路、直江津へ
何とか11:45分ごろひろ坊到着。

11時50分 無事到着
やっと急行能登 0時24分発に間に合いました。

皆さんのお陰で、何とかワンデーツーリング完走をすることが出来ました。
ひろ坊で用意してくれたシャワーを浴び、早速着替え、輪行もそこそこに
オヤジさんに挨拶、
「おお、大変だったね。」
再会の握手とお礼をいい早々に直江津駅に向かう。
後続のメンバーも無事到着。

駅で列車を待っていると、わざわざひろ坊のオヤジさんが餃子を
もってきてくれる。
相変わらす体調が悪く、ろくに話も出来ずに
ひたすら頭だけ下げる。
感謝 感謝

直江津で飲めなかったビール、上野の朝定食で・・・

お陰さまで2005年のTRY360千葉→直江津 【餃子を食べる会】も無事終了いたしました。
参加していただいた皆様、サポートして頂いた方々、そしてこんな
「馬鹿だねー」といわれることを理解して送り出してくれる家族達、
そして10年以上のお付き合いのひろ坊の皆さん
本当に有難うございました。

仲間の素晴らしさ、自転車の素晴らしさを改めて再確認できた一日でした。

菅平② 
走行距離 355km
スタート 2:00
到着   23:45
TRY360  完走 31名
418km 走行 埜口さん
500km 三重から走行 岩DHIさん

今回参加のGIROオリジナルBIKE20インチミニベロ
MB-1 3台ともノントラブルで完走いたしました。

21時間45分に及ぶ、まさに壮絶な一日となりました。

関連記事

  1. 2007年TRY360草津白根

  2. 夫婦でクロスバイク

  3. 2011年TRY360軽井沢

  4. ヨシガイ ENE CICLO ギアクランクセット

  5. Cinelli cable rings for top tube

  6. 袖ヶ浦ウィンターサイクルマラソン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ